現場の習慣を変える、
契約データベース

あらゆる契約書を正確にデータ化し、
日常的に契約データを活用できる
環境を作ることで
管理部門だけでなく事業部門の習慣も変える
契約データベースです。

3分でわかる Contract One
資料ダウンロード

利用企業

業種・規模を問わず、
幅広い企業に利用されています。

契約にまつわる課題

経営

バックオフィスのDXが進みません。社員の多様な働き方に対応できずにいます。

ある企業との同一案件で異なる条件の契約がある。内部統制に課題があります。

法務・総務

これまでに取り交わした契約書をバラバラに保管していて、すぐに見つけられません。

契約書が増えるたびに、契約書管理台帳を手作業で更新していて、時間がかかります。

ビジネス

契約書の期限を管理できていない。契約内容を見直すタイミングを逃してしまいました。

ある企業との取引条件を決めるために参考にしたいが、他部門との契約が参照できません

Contract Oneの
契約データベースが、
これらの課題を解決します

契約データベース

Contract One

ビジネスに欠かすことができない契約書は、
日々増え続け、適切に管理し続ける必要があります。

管理に多大なる時間をかけていた契約書管理台帳が、
誰でも活用できる契約データベースに
生まれ変わります。

これまでに取り交わした契約書、
これから取り交わす契約書──。
Sansanのテクノロジーとオペレーションが、
あらゆる契約書を正確にデータ化し、
契約データベースを構築。

Contract Oneは、法務部門に限らず、
全社員が契約情報を
ビジネスで活用できるようにすることで、
さまざまな部門の課題を解決します。

契約データベースを構築する
3つのメリット

  1. 01

    全社のビジネスが見える

    これから取り交わす契約書だけでなく、保管している過去に交わした契約書のデータ化にも対応しています。紙、電子といった形式を問わず、全ての契約書をデータ化し、契約書管理台帳に代わる契約データベースを構築。拠点や部門を問わず、契約情報を共有できるようになり、社内のあらゆる取引を見える化します。

  2. 02

    リスクマネジメントが強固になる

    横断的に契約情報を管理できるようにすることで、リスクマネジメント体制を強化します。契約期間の終了を事前に通知し、世の中の変化を踏まえて契約内容を定期的に見直す機会を作ります。また、営業DXサービス「Sansan」と連携させることで、契約締結前に必要なリスクチェックも簡単に行えるようになります。

  3. 03

    組織全体の生産性が上がる

    法務部門の負担を軽減するだけでなく、全社的に業務効率を向上させます。これまで一部の担当者しか行えなかった契約書の検索を誰でも行えるようにすることで、全社員が契約情報を活用できる環境を作ります。また、紙に触れることなく、紙の契約書に関する対応をオンラインで完結できるようにします。

サービス画面や料金体系などを紹介

3分でわかる Contract One
資料ダウンロード

代表的な機能

Contract Oneは、契約データベースを
構築することで、
法務部門に限らず、
全社員の生産性を向上させます。

  • 契約書の主要項目データ化
    (紙/PDF/電子契約)
  • 契約状況判定
    (有効/無効の自動判定)
  • 契約書の検索
    (項目検索/全文検索)
  • 契約書の関連付け
  • 共有範囲の設定
  • 契約期限の管理
詳細を見る

サービス連携

利用しているサービスを
Contract Oneに連携させて活用することで、
契約業務が大きく効率化します。
連携できるサービス・システムは、
今後も拡大していきます。

クラウドサイン
Adobe Acrobat Sign
ドキュサイン
GMOサイン
Sansan

Contract Oneは、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)に電子帳簿保存法対応ソフトウェアとして認証されています。 JIIMA(=日本文書情報マネジメント協会)「電子取引ソフト法的要件認証」「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」取得済

Sansan株式会社は、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格の認証を取得しています。